読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むじゃき

なんでもかんでもアウトプット 一日一新 抽象化する思考

おにぎりの握り方 Ver.1

お金がな・・・ワケあって、朝に昼飯用のおにぎりを作ることになった。
 
そして、ふと思う。
 
どのようにおにぎりは握るのだろう。
 
■事の顛末
実家暮らしが長かったため、料理素人。
引っ越してご飯を作り初めて約半年。

レシピ検索No.1/料理レシピ載せるなら クックパッド

みんなのきょうの料理 - NHK「きょうの料理」で放送された料理レシピや献立が探せる!

を元に同じものは作らない!の精神で頑張っている。
 
そして、ついにというか、満を持してというか、昼飯自作まで辿り着くことができた。ちょっとだけ、感動した。
昼飯自作で最初に思いついたのは、おにぎりだった。
あまり朝に時間が取れる生活を送っていないため、
ご飯を炊いた、ご飯を手に取った、ご飯を握った、の三拍子で
できるおにぎりは、私の要件にとても当てはまっていた。
 
■現在の作り方
今後、どう成長していくのかを見るために今現在の「自己流、おにぎりの握り方」を記録しておくことにする。
 
手順
  1. ご飯を前日に炊いておく。もしくは朝起きて炊けるように予約しておく。(準備時間 約10分)※少し固めがいいらしい
  2. 朝、炊飯器の蓋を開け、ご飯を手早くほぐす。(約1分)
  3. 炊飯器の前にサランラップをテキトーな大きさに広げる。※米が熱くて手に持てない。
  4. ご飯をサランラップ中央にどーんと置く。気持ちお茶碗一杯分。
  5. 昆布を真ん中に箸で二掴みくらい置く。(ここまで3分くらい)
  6. サランラップの両端からご飯を丸め込むように包んでいく。
  7. ご飯を丸く包み込めたら、右手を三角、左手を平らにし、それっぽく握る。
  8. 昆布おにぎり完成。(ここまで6分強)
  9. 残りのご飯にのりたまふりかけを入れて、炊飯器の中でかき混ぜる。
  10. 先ほどと同様の手順で、おにぎりを握る。
  11. のりたまおにぎり完成。

 

■参考にしているサイト
 
■心境
 三角おにぎりは幻想。

 

広告を非表示にする