むじゃき

なんでもかんでもアウトプット 一日一新 抽象化する思考

「マジックみたいだね」

書き出し.meでネタの出ない日を繋ぐ。

 

「マジックみたいだね」

 

 

「マジックみたいだね」

 たきびに火をつけていた猫の魔法使いに、穴からその様子を見ていた子ネズミが思わずいった。

「あったまるか?」猫の魔法使いは少しに横にずれた。

「うん!」

 子ネズミは猫の魔法使いの横に駆け寄った。

 火は小さく燃えている。よく見ると、踊っているようだった。

「これ、踊ってるみたいだね」子ネズミはキラキラとした目でいった。

「踊らせてみるか?」

 猫の魔法使いは得意げに爪をこすり合わせてみると、火が二つ、四つ、八つに分かれて、円を作った。そして、火はくるくると観覧車のように周りだした。

「すごーい!」子ネズミは自分の身長くらい飛んで喜びをあらわにする。

「フフ」猫の魔法使いはにやりと笑う。ヒゲが細かく上下した。

「ねぇ!」子ネズミは振り向いて、「僕にも教えておくれ!」

 猫の魔法使いは、きょとんとした目で子ネズミを見た。子ネズミの目はとても澄んでいた。

「おまえはマジックで何がしたいんだい?」

「僕? うーんとね」子ネズミはワクワクした調子で「お母さんを探すの!」

「お母さん?」

「そう! お母さん! 僕が寝ている間にどっかっていっちゃって、いろんなところ探しても見つからなくて」子ネズミは目を伏せたかと思うと、もう一度猫の魔法使いにまっすぐな目を向けた。「どうしたらいいかなって思ってたところなんだ!」

 猫の魔法使いは、丸めた手を顎に当てて思案する。

 長くはない時間が過ぎて、一言。

「よし、わかった。君にマジックを教えよう」

「ほんと! わーい!」子ネズミは飛び跳ねて、猫の魔法使いの頭に飛び乗った。

 ゴロゴロと猫は鳴きながら、爪をこすり合わせた。

 そうすると、空から鍋と調味料が降ってきた。

「とりあえず、飯にしようか」

「うん!」

 子ネズミは楽しそうだ。

広告を非表示にする