読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むじゃき

なんでもかんでもアウトプット 一日一新 抽象化する思考

喪服を買った。それは単なる黒いスーツとは違った。

いろいろと言われ、思うところもあって。

喪服を購入した。

これが喪服として半年以内に使われるのかと思うと、少し心が締まるように痛くなる。

 

 少し前に手に取って、読んだ本。

 

内容はもうあまり覚えてないけど、死に対する構え方、捉え方、準備の仕方、

その心の在り方の印象は、言葉では表せないけど、今でも覚えている。

 

確かに。テレビで見たとき、「痩せすぎにもほどがあるな」と思っていたが、

まさか癌だとは思わなかった。

 

死に対する身近さが足りなかったのだ。

 

今日、喪服を買った。

それは誰かの死に対して備える、ということ。

死を身近に感じた瞬間だった。

 

人間、生まれたら最後死ぬだけだ、そんな潔い言葉が割と好きだった。

どう生きても死ぬだけだから、どう生きてもいい。

だけど、この言葉は違う、と思った。

 

死は怖い。考えるだけで狂いそうになる。

本当に私は誰かの死に対して備えることができているのだろうか。

わからない。

どうすればいいのだろう。

 

もう一度読もうかな。

本の感想も書いていこう。どんどん色あせていくのが今はとても怖い。