むじゃき

なんでもかんでもアウトプット 一日一新 抽象化する思考

自分の抽象化

意識的に自分の思考を いろんなものにアウトプットするようになった。 その中で、自分の思考のある特徴に気付いた。

今回はその特徴をアウトプットしてみる。

何でもかんでも抽象化

私の思考プロセスは以下のように行われるようだ。 物事を考えるとき、まず物事を抽象化、概念化する -それと似た抽象・概念を探す -今回の物事に探した抽象・概念と照らし合わせる -共通点や差異、正反対な点を探す -さらにその共通点で抽象化してみる -以下ループ

抽象化を繰り返し続けたくなる傾向にある。

たとえば・・・

料理とインフラエンジニアの仕事には共通点が多い

行動のプロセスが似ている

  • 要件定義 (要望・欲求
  • 設計 (レシピ
  • 構築 (料理
  • テスト (味見
  • 納品 (盛り付け・提供

料理ではなく料理人、インフラエンジニアの仕事ではなく、 インフラエンジニアと考えてみると、 他人のために作業をするという新たな共通点が生まれる

考え方の基本

おそらく、私の思考の原典は代数学だ。 主に群・写像全単射性の概念を用いることが 自分にとって自然になっている。

さきほどの例を代数学用語で簡潔に述べると、 「料理」という群と 「インフラエンジニアの仕事」という群の間には、 写像が存在する。

「料理」という群の部分集合として「料理人」という群、 「インフラエンジニアの仕事」という群の部分集合として 「インフラエンジニア」を定義するのであれば、 その間に、同型写像を形成することが可能になる?(要証明

まとめ

個人的な印象をいうのであれば、代数学はすでに「数学」ではない。

なぜなら数字が一切出てこない。 あるのは、関係性だけ。

どこかで見た言葉だが、

代数学は構造の科学」というのはとても的を射ていた。

ということは。

代数学の考え方は、 学問の枠に捕らわれる必要もない。

私にとっては、 物事の構造を捉えるための思考方法だった。

まさか、代数学を現実に応用することができるとは。

もう少しこの 「代数学的思考」(勝手に命名)について アウトプットしていきたい。

以上、たろいもでした。 ※このブログはMarkdown記法で更新している。

広告を非表示にする