むじゃき

なんでもかんでもアウトプット 一日一新 抽象化する思考

たまねぎの芯

最近、気になるCMが多い。

今回は、このiPhone6sのCM。

www.youtube.com

単なる宣伝かと思っていたけど、深読みしてみたら面白いことに気付いた。
それを今日はまとめてみる。

SNS爆発

CMに使われた「Onions」という動画は、単なるタマネギの調理動画である。
動画の広まり方は、妹から兄へ、兄から職場(学校)へ、そこからインターネットへ。
そこから異常な盛り上がりを続け、いろんな人から高評価を持ち合わせたまま、最終的に名誉な受賞をする。

途中、「iPhoneでは4K動画が簡単に取れるから! 目を覚ませ!」と教授が声を上げていた。
しかし、それは他の人の声にかき消された。

SNSは、多数派のためにあるツールだと感じた。

お金持ちの定理

CMの中で、映画館で「Onions」が放映されるシーンがあった。
そこでは、チケットを買ってまで見ていたのである。

最近、本屋では、「金持ちは仕組みで儲ける」というのがあったが、
まさにこのCMはそれの具体例なのかもしれない。

「Onions」という動画コンテンツ(仕組み)を多数の人に観てもらうことによって収益を得る。
モノ作りの仕組み、そのままだった。

始めるからきっかけが生まれる

どんなことでも、それを面白いと感じる人はいる。
iPhoneに4K動画が撮れる機能があるからといって、それを使って何かを作ってみなければ、何も始まらない。
どこにきっかけがあるかはわからない。
インターネットの先には、日本人だけでなく、世界中の人がいるわけで、きっかけはその人の数分だけある。
何もかも始めてみなければ、動き出さないのだ。

ブログ後記

英語版(グローバル)と日本語字幕版では、CMの内容に差異があった。

www.youtube.com ※英語(グローバル)版

そういえば、iPhoneのCMは人種差別などを考慮して、地域ごとに違う作りをしているという話を聞いたことがあった。

途中で日本語を話す人が、外人の中で出てくることで、親近感を持たせようとしているのかもしれない。

深読み、楽しい。

以上、たろいもでした。

広告を非表示にする