むじゃき

なんでもかんでもアウトプット 一日一新 抽象化する思考

Toodledoというツール

WorkFlowyの登場によって、現在の私のタスク管理はとても流動的である。
だが、その中でもぶれないツールがある。
* Toodledo *
付き合い始めてそろそろ1年。
自分の使用方法をアウトプットしてみる。

Toodledoとは?

インターネット上で使用可能なWebサービス型のTodoリスト。
細かい設定が可能で、使い込めば込むほど馴染んでいく。
まるでグローブのようなツール

Toodledoの利点

細かな設定が可能

繰り返しや締め切り、優先度など、タスクに設定できる項目が多い。
設定したい項目だけを表示させることもできる。
タスクの登録と締め切り設定くらいのスモールToDoリストから、
1日のスケジュールをToDoでまとめきるといったビッグなToDoリストまで。
使い方は人それぞれ。

タスクの絞り込み検索を保存できる

タスクの条件で検索し、その検索条件を保存することもできる。
その日のタスクを簡単に絞り込むこともできる。

クラウドWebサービス

クラウドであれば、いつでもどこでもインターネットさえあればToDoリストを見ることができる。
iOS/Android の公式アプリもある。

たろいものToodledo設定

タスクに登録している項目 (左からの表示順

Folder

タスクのジャンル分けに使用 家事なのか、それとも計画なのか、予定なのか

Priority

優先度。
1日でやるべきこと、やりたいことを一番高く設定。
一番高い優先度だけをやり遂げることが1日の目標。

Length

タスクの時間を手入力。
実行時間の目安を感覚ではなく、目で把握する。

Context

実行時間帯に使用。
どの時間帯にどのタスクをやりたいか。
これが決まると、今日寄り道していいかがわかる。

Due Date/Time

いつまでにやるタスクなのかに使用。
主に先延ばしにしてしまったタスクが
どれなのかを判別するために使っている。

Repeat

習慣にしたい、もしくは習慣化されたタスクに使用。
目に見える習慣は自分の成長を感じる。

保存している検索

010_Today

Due Data が今日のタスクを表示
1日の始まりにやるタスクをチェックし、星マークをつける

011_Chores

家事タスク一覧

012_GoingProject

中長期なタスク一覧

013_Remind

習慣タスク一覧

014_ReplyTo

返信するタスク一覧

015_SendTo

送信するタスク一覧

016_GoOneNote

実行を計画するタスク一覧

017_WantToDo

したい、やりたいタスク一覧

018_WishThings

買出しリスト一覧

020_今日のタスク

今日よりも前のタスクで、かつ星マークのついたタスク一覧
これが私の今日のToDoリストになる

021_将来のタスク

Due Dateが明日以降のタスク

オプション

たろいも式 Toodledoの使い方

1日のタスクは星をつけるところから

星をつけるという作業を行うことで、
1日のタスクを確認することができる。

時間に余裕があれば、実作業時間のオーバーしている箇所を確認し、
タスクをするしない、もしくは前後にずらすなど調整を試みる。
主に通勤電車内。

仕事のタスクは入れていない

仕事はクラウドサービスを使うのは印象が悪いため、
OneNoteに別のタスク管理システムを作っている。

帰宅時間を予測して、それが終わるくらいから、
また1日のタスクを当て込んでいる。

ToDoリストが空っぽにならなくても気にしない

予定外なことがあったり、やる気がなかったりと思うようにToDoをこなせないときもある。

ToDoリストを空っぽにすることは目的ではない。
優先度が高いものだけを実行することを心がけている。
その方が達成感を味わえるので、長く続けられる。

今後のToodledo

中長期的なタスクをこなす際に、
進行管理としてOneNoteを使用しているが、
それとの手動同期が面倒である。
WorkFlowyとの連携も何か考えられればなと感じる。

ブログ後記

意外と使いこんでいたなという印象。
すでにアウトプットの量が半端ない。
ちゃんと計画的にアウトプットしなければ。。。

以上、たろいもでした。

広告を非表示にする