読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むじゃき

なんでもかんでもアウトプット 一日一新 抽象化する思考

ボードゲームプレイリスト「飲み会」

Apple Musicが先週から始まり、その他のストリーミング音楽サービスも活気にあふれている。
そんなストリーミング音楽サービスにひとつの機能がある。
「プレイリスト」
それは、誰かがチョイスした音楽のリストで、時と場合や好みによっていろんなリストがある。

ふと。 ボードゲームの「プレイリスト」というのがあったら、どんなものだろうか。

今回は、それを考えてみたので、アウトプットする。

コンセプト

あなたはボードゲームを遊ぶ相手を見つけたいと思っている。
しかし、人にどうやって何を紹介していいか、いつ人に紹介していいかわからなかった。
ふと、カレンダーを見ると今週末に飲み会がある。
そうだ、手始めに飲み会に持ち込んでみよう、と考えた。
飲み会の席であれば、ノリで付き合ってくれるかもしれないからだ。

リスト

スティッキー

ゲーム紹介: スティッキー / Zitternix 高円寺0分すごろくや

Haba/ハバ社 スティッキー【正規輸入品】

Haba/ハバ社 スティッキー【正規輸入品】

つかみに一品。
何も言わずに取り出して置いておくのがいい。
スティック型のおつまみに紛れて違和感がない。
ゲームにするのではなく、一本抜いてみてという軽い誘いから。
何人かが興味を持ち始めたら、ルールを説明しよう。

ワニに乗る

ゲーム紹介: ワニに乗る? / Tier auf Tier 高円寺0分すごろくや

積み木ゲームというのは見ただけでルールがわかる、という点が良い。
さらに駒が可愛ければ女性にも受けがいい。
ゲーム内容は子供向けかと思えば、大人の意地悪が炸裂する泥仕合。
性格の悪さが良い意味でわかる。

小早川

ゲーム紹介:小早川 / Kobayakawa 高円寺0分すごろくや

ジャラジャラとわざと音を立てて取り出そう。
その銀色に光るコインが、ギャンブルを想像させる。
いつだってお酒とギャンブルは相性がいい。
コインが生み出す緊張感が駆け引きに影響して短時間で良い塩梅になる。

チーズがいっぱい

チーズがいっぱい : ふうかのボードゲーム日記

Alles Käse

Alles Käse

ちょっと手軽さは落ちるが、ダイスもまたギャンブルを想像させる。
ダイスの目に期待するドキドキと罠を引くかもしれないドキドキ。
運要素だって立派な面白さのひとつだ。

髑髏と薔薇 (スカル

ゲーム紹介:スカル / Skull 高円寺0分すごろくや

スカル (Skull)

スカル (Skull)

慣れてきたらの一品。
コンポーネントがお酒のコースターのように感じ、見た目で気を引く。
ルール説明さえ乗り越えれば、その面白さが癖になる。
さて、誰がこの中で一番の腹黒か。
勝負しようじゃないか。

その後

飲み会で興味を持った何人かが声をかけてきた。
「今度もっと面白いのを遊ばせてくれないか」
あなたはにっこり微笑む。
飲み会でのボードゲームはどうやら大成功だったようだ。

ブログ後記

ボードゲームを知らない人とのお酒の席で、
ボードゲームを取り出したことが何度となくある。

最初は怪訝な顔でこちらを見ていることが多い。
しかし、遊び始めたり、遊んでいる光景を見ていると
興味を持った人が乗り込んでくる。
そして、飲み会の場で何度かボードゲームを持ち込んでいると、
「今日は何があるんだ?」と取り出す前に突っ込まれることがある。

ボードゲームが飲み会の席で認知された瞬間だった。
そのときはとても嬉しく感じたのを覚えている。

お酒の席でボードゲームを取り出す場合、ボードゲームに求められる条件は以下の3つ。

  • ある程度濡れてもいい。
  • 飲んだ頭でもルール説明がわかる、もしくは見ただけでルールがわかる。
  • ゲームのコンポーネントに興味を持つポイントがある。

ボードゲーム会に足を運んでくれるような人にも布教するのもいいが、
こういったまったく知らない人に対して布教するのもこれまた楽しいことである。

以上、たろいもでした。