読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むじゃき

なんでもかんでもアウトプット 一日一新 抽象化する思考

リセットする日

アウトプットは大体前日にすませ、翌日の12:30までにブログ投稿できるように心がけている。
しかし、最近、どうもそれを守れない日が続いた。
どうやら私のモチベーションが低い状態にあるらしい。
それはなぜか。
3つの要因が考えられたので、今回はそれをアウトプットする。

月の初め

昔から「鬱曜日」と呼ぶような日があるのは、自覚していた。

何もかもやる気が起きず、流されるままに1日を過ごす日。
気分も盛り上がらず、ただただ生産性のなさに後悔と焦りだけを持ち続ける。

そんな日。
月に最低でも1度、多いときは週に1度ほどそんな状況にあったことも。
ライフログをなんとなく付けるようになってきて、面白い現象を見つけた。

それは「月初めのライフログが途切れ途切れになっていること」

ライフログというのはとても面倒なもの。
その面倒なものをやりたがらないほどにやる気が起きない時期がある。

それが、月の初めだった。
それがライフログから逆説的にわかった。

慣れとだれ

ほぼ毎日更新を心がけて2ヶ月(5・6・7月)が経とうとしていた。
そろそろ更新することに慣れてくるころ。
実行するハードルを甘くみてしまうことが多くなってきている。

「今書かなくてもあとから書ける、だってそんなに難しいことじゃない」
「今書かなくても家に帰ってから書ける、だって毎日やってきていることだから」

なるほど、こう書き出してみると、「だって」という習慣化から来るダメな自信が足をひっぱっているようだ。

暑さ

暑い。もう熱いと表現したくなるほどに。
まだ7月だというのにと思うのと同じくらい、7月はここ最近では真夏だなと思う。
昔に比べて暑さの耐性がなくなってきている。
昔と書いているが、そろそろ若い頃はと書かなければならないのかも。
脳が溶けるような暑さでものを考えるのは無理だ。
タスクを実行する環境が悪い。

リセットする

もう過ぎ去ってしまったことをうだうだ言っても仕方ない。
15分ほど落ち込んでから、それらをリセットするように考えを改めよう。

書き出してみてわかったのは、タイミングと慣れと環境が悪いようだ。
それにあわせて、タスク管理を修正していこう。

月の初めのタスクは、リスト化された行動を実行するだけのタスクで、考えることをしないようにすること。
慣れとだれには、実行時間を短くするような制限のような目標を組み込むで、実行を促すようにすること。
暑さには、主に外に出て涼しいところで作業できるような環境を作ること。

自分が悪いのではない、プロセスが悪いのだ。
自分が正しいのではない、プロセスが正しいのだ。

ブログ後記

最近の私には余裕がなかったのかもしれない。
自分の自由に固執して、他人の行動を許容できない。
すべての言葉が皮肉に思え、自分の存在を否定する。

今、思えばどっちだっていいことだった。

難しい。まだまだメンタルが弱いってことだ。

以上、たろいもでした。

広告を非表示にする